Translate

2017年10月16日月曜日

2017 Autumn



もうログインの PWを忘れたかと、思いました。

建物の中に入った時、感覚が拡がったと思うのはなぜなのでしょうか。
例えば16世紀に作られた教会に入った時、感覚が拡がったように思うのは、
建築に対して人がどう関わるかという感覚に触れている、といえるのかも。自分の感覚ではなくて、16世紀の作った人たちの感覚。
日本の建築でも、大正時代や昭和初期の建物に入ると思う。技術や構造もあるのだと思うのですが。それでじかんを感じるのだなと思う。



2017年2月7日火曜日

translation / TAKE YOUR TIME: A CONVERSATION 5/9

翻訳の Part5です

アーティストのOlafur EliassonRobert Irwin2人の対話。
2007年にあったOlafur Eliassonの個展の図録に収録されていたものです。




TAKE YOUR TIME: A CONVERSATION
(2007)



Olafur Eliasson and Robert Irwin

2017年1月23日月曜日

Always hints are front of us.


もう東京では、梅の蕾が大きくなってきていて
冬が終わってしまうのをひしひしと感じます。

最近読みかけの本がたくさんあって
さらに読みたい本がいろいろと。
西沢立衛『美術館をめぐる対話』(2010)がbest of the book 2016でした。
オラファー・エリアソン氏と西沢さんのメール対談も載っています!おすすめです。
途中までしか読めていないけれど、 W.G.SEBALD "AUSTERLITZ"も面白くなっていきそうです。

資格のレポートの締め切りが近いので、
どうにかそれを提出、とにかく提出、するようにしたい。
学ぶってなんなのだろう
教育とか、生涯学習といった現場主義のもののことの本を読みすぎて
どんどんよくわからなくなってきています。受験生のよう〜

2016年12月7日水曜日

_φ(・_・

・石川直樹さんが 写真は時間を止めたいっていう人間の原始的な欲望の表れだって言葉を新聞に寄せていたこと

・昔、オークションを専門とする人の話を学校で聞いた時に
美術史の半分は作品を所有している人の歴史でも作られている、表に出ないけどと言っていたことを思い出した

・「遺跡というのは掘り起こされるまでは、いわば永遠である」という言葉。

・昔写真を撮られると魂が抜かれるといったけれど、肖像画についても、描かれた人のある気持ちがその絵画に乗っかるんだと思ったこと。

2016年10月3日月曜日

Ahoj, hello, お久しぶりです

いつの間にかに10月に!
いつのまにか前に書いた時から半年も経っていて、最近やっと日本に帰ってきたという実感をもってるこの頃です。

どうもヨーロッパの広い部屋や広い道路、大きな建築の中で、住んでいると(2年間でさえ)身体感覚や意識もそのサイズに合ってきます。建築という人のうごきを作っている空間、特に生活する場所に影響されるのは当然だと思います。
最近思った日本の生活空間の良い所は、工夫する知恵があるってこと。ヨーロッパと比べたときに空間に限りがあるゆえに、凝縮されている良さがあるのかなぁと思いました。素材が木だったり。

ぼんやりとなんでつくるんだろうなーと考えてたら、もっと良くしたいと思うことがあるからかな、と思いました。

Eight days a week がとっても良くて、またもう一回見に行こうと思っています。


The most proper place for nap in the world, next to church at Kutna Hora.

2016年3月12日土曜日

translation / TAKE YOUR TIME: A CONVERSATION 4/9


翻訳のパート4です。


今回一番最後の部分の、


私の考えでは、現象論の歴史は、反対のものを同じ土台で同じように扱うものなんじゃないか。 おそらくモダンアートの歴史にも同じだと思う。 精神が肉体より高いというヒエラルキーはないんだ。 "互いにあがる"co-arisingっていう言葉を使うのが好きなんだが、認識や認識されたものがもっとリアルや大事だと指すものではない。 それらは同等に独立してお互いにそれぞれ独占されたもの。 そしてそれにもかかわらず、私たちが機能できるために、かれらがまるでひとつのもののように働いている。 アーティストの感覚的にできる仕事は、その部分でなにが起こっているか断続的に試験することなんだ。 古くさくいのでなくて、隠された反対側に足を踏み込むことになる。


というRobert Irwinさんのところが、とても印象的な部分でした。

Robert Irwinさんはいま88歳で今も制作されているみたい。


                  Robert Irwin
引用元:
http://www.wsj.com/articles/the-artists-artist-robert-irwin-continues-to-create-and-inspire-1451572502


アーティストのOlafur EliassonRobert Irwin2人の対話。
2007年にあったOlafur Eliassonの個展の図録に収録されていたものです。


TAKE YOUR TIME: A CONVERSATION

(2007)






Olafur Eliasson and Robert Irwin